鷹楠日記

美術展、博物展、神社、旅行、読書、IT関連などの雑感を書いていきます。

南方熊楠に関するアート。

鷹楠です。

決めたことがあります。

 

私の職業の中で、一番、南方熊楠に詳しい人になる。

その根底にあるのは、生半可な気持ちでアート作品を作らない、という決心です。

 

南方熊楠の研究者にとって、やはり自分の研究対象を、

中途半端な形で利用されるのは、よい気持ちはしないでしょう。

 

きっかけは、このセミナー。

偉人?巨人?超人? 南方熊楠はどのように語られてきたか | 青山ブックセンター

 

世の中には、南方熊楠をテーマにしてアート作品をつくっているひとたちがたくさんいるんですね。

私も、その一人になりたいです。ただ、やるからには、ただのネタにするのではなく、覚悟してやります。

 

特に、アーティストの方々は、南方曼荼羅に関心が強いということで、私もそこにとても関心を持っていたので、共感できて嬉しいとともに、誰しも考えるよなあ・・・と不甲斐なく感じました。

そもそも、この世界観、理解できている人はいるのだろうか。

文字では表現できない世界なのだと思います。

 

まずは、勉強します。

研究者の方によると、下記の本が、読みやすくて良いとのこと。さっそくアマゾンでポチりました。

 

南方熊楠の生涯 単行本 – 1994/5 仁科 悟朗

https://www.amazon.co.jp/dp/4404021070

 

読みやすさで言ったら、下記もおすすめとのこと。

 

南方熊楠―森羅万象に挑んだ巨人 (別冊太陽 日本のこころ 192) 大型本 – 2012/1/19 中瀬 喜陽

https://www.amazon.co.jp/dp/4582921922

 

そういえば、下記の本、熊楠の小説ですが、読んでないと思っていたら、過去に読んでました。読んだものについて、小説かどうかすら忘れてしまうとは・・・。読み方、変えたほうがいいかもしれない。

 

縛られた巨人―南方熊楠の生涯 (新潮文庫) 文庫 – 1991/12/24 神坂 次郎

https://www.amazon.co.jp/dp/410120912X

 

知らないことだらけで不甲斐ないですが、頑張ります。

では。